地域公共交通について考える

まず、この国土交通省のガイドブック(平成28年=2016)から現行法を確認してみる事から始めなければならない。それを踏まえて、いろいろとアイデアを戦わす必要があるだろう。(執筆中)


000014361
.pdf
Download PDF • 15.36MB









8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脱炭素を実現する

AIと衛星データを用いて、稼働している自然変動電源(太陽光・風力など)による供給量を予測、これらを入力として可変電源(火力・水力など)を制御、出力調整を行うことで需給バランスを保つ電力系統を目指すべき。もちろん電力需要も予測する必要があるが、それは衛星データを用いた気象予測と過去の電力消費データから予測可能。自然変動電源側に抑制義務を課すのは間違いだと思う。再エネ導入率を増やすことこそ、喫緊の課題

地域課題と行政の見える化システム

プラットフォーム上で自治会・自治体等への要望が地図上に可視化するかたちで可能であって、自治体等の担当部署は個々の問題に対して、その要望を認識しているか、今後の対応計画といった進捗を開示する機能を有する。また、 ・ローカルSNS(←これは運営上難しいかも?) ・マッピング情報(観光・市民活動等のイベント告知) ・自治会・自治体からの通知 といった機能を同時に有し、防犯や災害情報等の重要なリアルタイム