海洋エネルギーを社会実装する手段

潮流発電に対して私の抱いているアイデアは以下の2つである。なぜ海洋発電なのか、なぜ垂直軸型振動発電に拘るかは割愛する(そのうち、詳しく書く予定ではある)。


流体励起振動発電

マグヌス振動発電


いずれにせよ、往復動を電力に換える手法なのだが、全体としてはアジャイル開発的に各要素ごとの最適化と柔軟性を重視する。例えば、発電機構だが、以下のようなシステムを考えている。


ブレード等の運動により十分なトルクを得られない環境であっても発電機を回すに足るトルクが与えられるように充電器に繋がれたモーターでサポートして余剰トルクを電力として取り出す設計にしておく。もちろん充電器の役割も大きい。このように開発された機構部は


往復動を電力に変換する効率の良い発電システムを構築することに注力する。きわめて優秀なシステムとなれば、この発電機構部だけを買い取ってもらって他の波力発電に採用されることも考えられる。要するに、システム全体として成功を収めることを目標としない開発手法を行えば、投資した資金を十分回収できる可能性が産まれるというわけである。市場は世界だ、夢を楽しもうではないか。


50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脱炭素を実現する

AIと衛星データを用いて、稼働している自然変動電源(太陽光・風力など)による供給量を予測、これらを入力として可変電源(火力・水力など)を制御、出力調整を行うことで需給バランスを保つ電力系統を目指すべき。もちろん電力需要も予測する必要があるが、それは衛星データを用いた気象予測と過去の電力消費データから予測可能。自然変動電源側に抑制義務を課すのは間違いだと思う。再エネ導入率を増やすことこそ、喫緊の課題

地域課題と行政の見える化システム

プラットフォーム上で自治会・自治体等への要望が地図上に可視化するかたちで可能であって、自治体等の担当部署は個々の問題に対して、その要望を認識しているか、今後の対応計画といった進捗を開示する機能を有する。また、 ・ローカルSNS(←これは運営上難しいかも?) ・マッピング情報(観光・市民活動等のイベント告知) ・自治会・自治体からの通知 といった機能を同時に有し、防犯や災害情報等の重要なリアルタイム